エトセトラ

自分のショートカットに至るまでの経緯まとめ

うんわかるわかる。お前の髪の歴史なんてどうでもいいよね。わかる~~~!!
なんか書きたかっただけなので「見てやろうじゃないの」っていう奇特な人はどうぞ。

7歳

ずっと髪を伸ばしてたけど髪が切りたくてしょうがなくなり祖母の家に行った際、母の預かり知らぬところで勝手にマッシュショートにする。
天パだったこともあり、それはもう綺麗なキノコになって母はショックのあまり泣いた。


※イメージ図

ダサさしかなかったけど本人は満足していた模様。
その節はすまんかった。

中学校

「自分の天パやべえな」ということにようやく気づきガッチガチの縮毛矯正を初体験する。それはそれでやばいことには気づかず自分の髪がストレートになったことに感動して縮毛矯正依存に陥る。


※イメージ図

髪は肩までくらいのミディアム。ショートにしたい欲はあんまりなかった。

高校

相変わらず縮毛矯正の日々。縮毛矯正の切れ間にあるプールや雨の日が地獄と化す。

どんなに朝がんばってアイロンしてもちょっと水分をふくむとうねってしまう髪が許せず自分の中でストレートじゃないと人権なんてないという感じだったので頻繁に「やべぇ消えてぇ。。。」と思ってた。

ヘアアイロンがなくては生きていけない時代。
ショートじゃなくボブくらいの長さだったけど最強の縮毛矯正をしてたのでぺったんこだった。

ださいにも程があるんですけどなんしか「それだせえ」って注意をしてくれる人がいなかったしなんか皆縮毛矯正してたしで気づかなかったんだよなぁ。。。それがいいと思ってた。こわいね~~~~!!!

卒業後

周りの友達がみんなロングだったので一度くらいはロングを経験してみるか!と「この地毛の長さではちょっと・・・」と遠回しに無理だと言ってくれる美容師さんを押し切り無理矢理エクステをつけて見事にギャル化する。


※イメージ図

でも手入れなどなどがめんどくさくて飽きてしまいバイトの休憩中にエクステを全部ちぎるなどの凶行に及ぶ。そのままバイト終わりに美容院行ってショートにする。

(やっと)目覚める。やれやれだぜ。

覚醒後


ショートになってからいろんなショートヘアにしました。

パーマかけてみたり、
側面刈ってかぶせてみたり、
アシメにしてみたり、
ショートボブにしてみたり、
前下がりボブにしてみたり、
ベリーショートにしてみたり、
ワンレンショートボブにしてみたり。

ショートと一口にいってもいろんな髪型があるので楽しいんですよね。ショートにしてる自分好きだし(ナルシスト)

あっ変わったな~~~!!って驚きがいつもある。

これからもたぶんずっとショートです。次はどんなショートにしようかな。
一度でいいから白髪やってみたい。地毛で。

ショートカット女子の魅力は?

理由としてよくあるのが「うなじがいい」とか「活発でいい」「ボーイッシュなところ」「知的」などなんですけどわたしがショート女子好きな理由がいまだに言語化できないのです。ごめんなさい。

こんなのもツイートしましたけど「細かく理由として挙げれないけどときめく」んですよね。うーん言語化したい気もするけどこのままでいいような気はする。理由探しはつづく・・・。

おしまい!

ABOUT ME
会長
全日本ショートカット女子協会会長 ショートカット女子が好きすぎて頭がちょっとアレな人。ショートカット女子なら2次でも3次でもお構いなしな節操なし。