エトセトラ

全盛期のショートカット上戸彩と神木くんがネットでバイトする映画【インストール】

全盛期ってちょっと盛ったかもしれない。綿矢りささん原作の小説を実写映画化したものです。
2004年の映画なので古いっちゃ古い映画なんですが今見ても楽しめるのでわたしはとても好き。二人が使うPCがかなり古い。

macだよ!OSはMAC OS 9.1!

ショートレイヤーな髪型の上戸彩と最強ショタ天使神木くんのひと夏の冒険映画です。
まぁその冒険っていうのがネット上で男性とチャットするお仕事やるっていうものなんでほのかに匂わす程度のえろ要素がある。

ショタ神木もいるのに大丈夫なのか・・・???!!!!
大丈夫だ、問題ない。

あらすじ

[box class=”blue_box” title=”ざっくりあらすじ”]
他人と同じ日々を送ることに嫌気がさし、不登校になった朝子(上戸彩)。ある日、マンションのごみ捨て場で少年かずよし(神木隆之介)と出会う。かずよしと仲良くなった朝子はかずよしからインターネットで男性とチャットするちょっと怪しいアルバイトをやるように誘われる。秘密基地の押し入れの中で男たちとチャットをしながら、お金を稼いでいく2人だった。
[/box]

あらすじよりもキャッチコピーの【してみる?する?したい!】にいい意味のやばさを感じる。

JK:上戸彩


上戸彩はやっぱりショートカットが一番だよなぁ。かっこかわいい。

映画は会話シーンもあるけど独白(上戸彩の一人語り)がおおい。みんなと同じ制服同じ生活に「このままでいいのか・・・」と疑問を持つけだるいJKです。そういう時期ある~もうなにもかにもやりたくねえ空っぽにしたいって思うわかる。学生時代そんなこと一万回思ったわかる。いまでも思う。
作中の朝子みたいにガチで部屋中のもの粗大ゴミには出さないけど。断捨離レベル超えてて非常に思い切りがいいです。

不登校してるけど母親には言ってなくて母親よりも早く家を出て母親が出ていくのを物陰から見送って家に帰って一日を過ごす・・・っていうシーンがあるのですが、罪悪感とちょっとハラハラした気持ちと学校にいかないでいい解放感に思い当たるフシがあって少し心が揺れました。
部屋中のものを全部捨てて不登校になってるのに気づかない母親もこれもまた・・・なんか刺さる。

かずよしに出会って学校に行かない昼間の時間をチャットのバイトにあてる朝子。えろに興味深々な朝子。うん!(わかる!)
まぁ映画の内容は気になった人は見てみてください。それよかショートカットのかわいい上戸彩を見ておくれよ。
[colwrap]
[col2]

[/col2]
[col2]
[/col2]
[/colwrap]

ショタ神:神木

この映画を超えるショタをわたしは知らない。神木くんじゃなくて神木きゅんって呼びたくなる気持ちわかる。


こんな顔してJKを怪しいバイトに誘ったりチャットはプロだったり淡々とえろを話すんですよ・・・すごい映画だなぁ。
中身はめちゃくちゃ大人びてますが(あっそういうところは子供なんだな~)と感じる場面もあります。オレンジジュースだったりタイムマシンだったり(見ればわかる)


神ショタにこんな映画ださせて今後の発育に影響を与えるんじゃないか・・・!?と心配になりました。

押し入れでのバイト生活


なんか文面だけみるとやらしい雰囲気かんじますけど全然そんなことない・・・こともないか、やることアレだし。二人の秘密基地、押し入れでの閉鎖空間でふたりきりなのでJKと小学生にフラグがたったりします。

上戸彩の〇〇〇〇に神木君が〇を〇〇〇〇したりします。とてもじゃないけどわたしの口からは恥ずかしくて言えないので気になった方は見てみて。

[aside type=”normal”]映画;インストールは【iTunes】【Amazon prime video】などで視聴ができます。[/aside]

おしまい!

ABOUT ME
会長
全日本ショートカット女子協会会長 ショートカット女子が好きすぎて頭がちょっとアレな人。ショートカット女子なら2次でも3次でもお構いなしな節操なし。