エトセトラ

ショートカットでちょっとおばかな広末涼子がかわいい映画【wasabi】

広末ファンじゃなくてもどちゃくそかわいいから観て!!!!!わたしは定期的に見たくなるほとんど広末涼子のPVみたいな映画。withジャン・レノ(レオンの人)。
レオンの人×少女ってそれはもうレオンじゃん・・・って感じですけどレオンより100億倍軽いコメディ×プチサスペンス映画。心がキュッとなることもないです。
ただただかわいい広末涼子が撮りたかったんだな。わかる。って感じの映画です。

他サイトの映画評価はめちゃくちゃ酷評が多いけど気にしない。

あらすじ

ざっくりあらすじ

ユベール(ジャン・レノ)は超優秀だけど上司のいうことをあまり聞かない&ルールをよく無視するちょっと手に余るフランスの刑事。
休暇(謹慎)を言い渡されて私生活もなんかうまくいかなくてどうしよう・・・ってなってるとこに弁護士から昔の恋人(ミコ)が亡くなったと聞かされる。急いで日本に飛ぶユベール。待っていたのはミコの残した財産2億円と存在を知らされてなかった19歳になる娘ユミ(広末涼子)。
父親を憎んでいると聞かされて「俺が父親だ!!」と言い出せないユベール。ミコの残した財産を狙う893も現れてもう大変。
二人の明日はどっちだ!!!!

無理矢理すぎる設定

広末涼子とジャン・レノが親子っていう設定からもう無理がある。作中では「鼻が(高すぎるのが)似てる」っていう描写もあるけどそれも無理がある。無理がありすぎるけどそれを押し通してしまうリュックベッソン(監督)嫌いじゃない。


細目でみるとなんとなーく広末涼子とジャンレノが似てる気がしてきただろ???
それ気のせいだよ。

はちゃめちゃな日本

映画で描かれている日本に対して「日本はこんなのじゃない!!!日本が誤解される!!!」っていう人もいましたけど、もう作中の日本は並行世界と考えたらいいのでは??と切り替えてわたしは並行世界の日本なんだと思って観ています。存外楽しめるのでオススメ。

ヤクザも出てきますがヤクザっていうか黒の組織の一員みたいな恰好だし違和感がすごい。でもしょうがないですよね、だって並行世界の日本ですし。仁義なき戦いを繰り広げるヤクザはいない。Q.E.D。

謎い音楽

「♪あれは とくべつな えきです」とか他にもいろいろ、(なんじゃこの音楽・・・)っていうのが背景で流れます。が、全体的にテクノで楽しい。

鬼束ちひろの【螺旋】も流れるよ!!

みんなフランス語ペラペラ

登場する日本人ほぼユベールと意思疎通が可能です。すごい。やっぱり並行世界だ。

ヒロスエかわいいからもうなんでもいい


※作中のユミ(広末涼子)は頭がちょっとおばかです。

衣装やばい

ふわっふわのパニエつけてスカート履いてカラフルなファッションで背中と鎖骨まるだしなユミかわいい。ユベール(ジャン・レノ)と大量に買い物してファッションショーするんだけどもうほんとここだけでもいいから見てほしい。かわいいがすぎる。

これは一部分。作中では音楽に合わせてウォーキングしてるし最高なんです。。。動いてるのを見てくれ・・・

フランス語話すのかわいい

フランスの映画なのでヒロスエは8割フランス語で話しています。日本語吹き替えで見ると広末涼子の吹替は広末涼子ではなく坂本真綾さん(声優)が担当しています。
がんばってフランス語の発音勉強してたのかなぁと思うとすごいなぁというのとかわいいなぁという気持ちが沸いてきますね。え?

とにかくかわいい

なんかもう動作とか表情がいちいちかわいい。おばかだしマイペースだし人の話聞かないしわがままだしこんな子いたらコミュニケーションとるのもパリピじゃないと無理だけどヒロスエだから良し。

ちょっとジーンとくるシーンもある

弁護士の人もこう言ってるし。

泣き顔はかわいいし。

まとめ

こんな古い映画知らないよって人も前に見たことあるけど忘れたなあ!という人もかわいいショートカットの広末涼子を見るためだけに見てもいい作品です。推す。
最後になりましたがわたしはジャンレノもすごく好き。シブい。

ABOUT ME
会長
全日本ショートカット女子協会会長 ショートカット女子が好きすぎて頭がちょっとアレな人。ショートカット女子なら2次でも3次でもお構いなしな節操なし。